ブログトップ

走る!ゆうゆう。親子☆

yuyu3711.exblog.jp

ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる①

昨年、人生初の手術を経験しました。
鼻にできた腫瘍を内視鏡で摘出する手術で、ビビリ大騒ぎをした記録です。

もし同じような手術に悩み、ビビッている人が読んで、不安が少しでも取り除けたらいいな…ぐらいで書いていますので、温かい目で読んで下さい。

★10月
テレビを見ていたら、突然鼻血がタラ~ッ。しかも、なかなか止まらない。
翌日、同じようにタラ~ッと流れる鼻血が出ました。
なに?なに?なんなん?(*_*)
と鏡を覗いたら、丸い大豆みたいなんがありますけど!
なんかありますけど!
なんかありますけど!
なんかありますけど!

恐る恐る触ると、ぷにぷにしてるしー!
ゆうゆう。の場合、腫瘍を目で見つけたわけです。
いや落ち着け!腫れてるだけかもしれんし!(あくまで悪く考えられないビビリ)

とにかく、病院に行かなくては!
行ったのは個人の耳鼻科。
鼻詰まりもひどかったので、蓄膿を疑われ人生初の鼻のレントゲン撮られました。自分の頭蓋骨の写真をプレゼントされても微妙(;´ρ`)
a0020601_1918557.jpg

蓄膿だと、目のあたりまで膿が白く写るそうです。ちょうど、風邪の症状もあったのですが、先生の歯切れはすごく悪い。薬をもらい一週間後に再診。
「大きな病院で検査した方がいいです」
なに?ものすごく不安なんですけど(T_T)

★11月
紹介状を持ち、検査や手術ができる大きな病院に診察に行くことになりました。
大きな病院なので、一時間待って、やっと診察室に入ったのに、あっという間にCTに回されました。

これまた人生初CT。
小心者ゆうゆう。CTにもビビる。
レントゲンとほぼ同じで、トンネルの内側の黒い部分が回転しながら撮影するだけなのに、トンネルに入るだけでドキドキ。
a0020601_19323995.jpg

※画像はお借りしました。
レントゲンぐらい、すぐに終わり、すんでみれば、なんてことなかったです(笑)

やっと耳鼻科に戻って、椅子の診察台に押さえつけられ、検査に出す為に腫瘍の一部を取られました。
※この時点では腫瘍という単語は使われていません。
「これがなにか調べますね~」

診察で三時間。
CT撮影で、諭吉様去って行きました。
[PR]
by yuyu3711 | 2015-01-10 18:55 | 入院編
<< ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる② まんのう公園 >>