ブログトップ

走る!ゆうゆう。親子☆

yuyu3711.exblog.jp

ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる④

なんやかんや、もしかしたら・・・・もうこの子たちを抱きしめることは二度とないかも?と悩んでは、ぎゅうっと抱きしめたりしてました。
もちろん、5年生の兄ちゃんには拒否られ・・・母、心で泣きました。

もう、この頃には、私の手術のこと、入院すること、入院している間はばあちゃんちでお世話になること。
姫は泣くんじゃないかと思っていたら、意外に「分かった」と言われへこむ。
もう5年生なので、ここで書くのは気がひけるんだけど、兄ちゃんは涙ぐみました。
それ見て、母、泣く。

情緒もぐちゃぐちゃのまま、入院当日の朝。
二人が見えなくなるまで見送りました。
ずっとずっと手を振りました。(田舎なので見晴もよく5分ぐらい)
私が見るあの子らの最後の姿かもしれん・・・。
と思っている間、二人はママはよっぽど手術嫌なんやな~と笑われていると知ったのは退院した後でした。

ずっと、不安過ぎて、グダグダと泣き言や愚痴を言っていたビビリですが、病院に着くと、さすがに腹をくくりました。やっとかよと我ながら思いましたよ(*'▽')

半日ベッドでゴロゴロしながら、いろんな看護師さんや先生や手術室の看護師さんや麻酔科の先生。何人会ったか?何回説明聞いたか?何回承諾書にサインしたか?
けっこう疲れ、翌日の朝から絶食。朝から点滴。
ちゃんと学校行ったかなぁ?

さて、手術室へ徒歩で向かいます。
手術室の入口でパパとも別れ、自分が手術する部屋までいくつもいくつも手術室を通過します。
そして、自分で手術台に上がります。
めっちゃ病室から履いてきたままのスリッパやで?
衛生的に大丈夫なの?ドラマで手術室に入る前って、めっちゃ手洗ってるよね?
私はいいの?ねぇ?

そんなことを思いながら、天井のいかにも手術室にある大きなライトを見つめ
「今から眠る薬を入れますね~」




まぶたを自分で閉じた記憶もなく、ずーーーーーっと夢を見ていました。




4時間後
「ゆうゆう。さん!ゆうゆう。さん!お部屋帰りますよ!」
そんなに肩バンバン叩いて起こすんですか?
意識もうつらうつらでしたが、病室に着く頃には意識もハッキリしていました。

腫瘍はきれいに切除され、歯茎から切ることもなく内視鏡だけですみました。
パパは取り除いた腫瘍を見せてもらい
「めっちゃでかい。あんなんよく入れてたわ。物理的に入らんで」
そこまで言われると、私も見たかった。

麻酔ってだんだん記憶が薄れ、先生たちの顔がだんだんかすんでいって、意識もゆっくり覚め、起きたら病室でパパがそばにいる・・・初全身麻酔、思ってたんと違うかった。

実はなにが嫌だったかというと、手術より全身麻酔にビビッてたんです。
全然、たいしたことなかった。
まさにビビリ損でした。

もしも、私のように全身麻酔に不安な方!
全然平気ですよ。まぶたすら閉じる記憶すらないぐらい瞬殺ですからね!

でも、良かった。これでまた子供二人を抱きしめることはできる。
あとは退院するだけや!
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-02-16 22:09 | 入院編

ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる③

診察からあっという間に手術が決定し、
眉毛、増毛しなきゃ!
と思う反面、不安もいっぱい。

まず考えるのは子供らのことで、頭パンパン。でも、入院準備も進めなくてはいけなくて、まず用意させられたのは術後に使う鼻洗浄器です。

ハナクリーンSと専用のサーレSです。
a0020601_1343150.jpg

ハナクリーンSに、40度ぐらいのお湯を作ります。
a0020601_1343255.jpg

そこに粉末のサーレSを入れ洗浄液を作ります。
a0020601_13441011.jpg

「病院前の調剤薬局にあります」
と言われ、調剤薬局に行きましたが、後にネットで半値で販売しているのを知り、衝撃を受けるのは、また後で書きます(o゚▽゚;)

それまで、ちょっと面倒臭いなぁ~と思っていた家事や子供の世話もできんようになるかも…と思うと頑張れたり、少しでも子供に自立してもらわなきゃ!と急になんでもやらせてみたり、やってることは無茶苦茶でしたね(o゚▽゚;)ゞ

この時期、子供らは隠れて私の悪口言ってたしね。

そして、ビビリーの第一難関MRIがきました。
画像はお借りしました。
a0020601_13545973.jpg

私の聞いた話からの想像は…
真っ暗なトンネルに入り、うるさい音を永遠聞かされる。

もうビビリーには恐怖でしかないです。
これまたMRIが嫌で嫌でたまらないまま検査日をむかえました。

みんな検査室から出てきたら、ぐったりしてるし、検査後半に造影剤を入れる為のラインを取っただけで緊張MAX。

MRIの台に寝ると、ヘルメットのような物をかぶらされ、さらに上から枠のような物で完全ロック。
腕も台とベルトで完全固定。

この状態で、トンネルへ。
ただ真っ暗ではなかったです。
固定された状態で30分間、キキキンコココン、ガガガガガガッ、ピーッと永遠聞かされ、ほんましんどかったです。

ただ、真っ暗な狭いスペースに押し込まれて、キキキンじゃなくて良かった。身動きがとれないのは、きついですけどね。

なんとかMRIも終わり、諭吉さんとお別れして、入院する日を迎えます。
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-02-03 08:24 | 入院編

ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる②

検査から二週間。検査結果を聞きに行きました。

ビビリの二週間、生きた心地しないし、不安過ぎて寝れなかったり。
パパに「病院から呼び出し電話もらってないよね?」と詰めよったりしてました。

心臓バクバクの中。先生、あっさり。
「一応、良性なんですけど…」

そんなに簡単にあっさり言うの(;´ρ`)
私、この二週間、洗剤の場所を分かりやすく片付けてラベリングしたりしてましたけど。←ビビリなりに最悪の事態を考えて悩んでました。

【結果】
腫瘍の検査は良性だけど、手術で完全に取り除いて検査してみないと完全に100%良性とは言い切れない。

良性の腫瘍を温存していても、7%以下の確率でガン化するし、閉塞感は改善されない。

        ↓
        ↓
        ↓

気がついたら、手術の日程をいつにするか聞かれてました。
へっ?今、結果聞いて、今、手術するか決めるの?
家族に相談するにしても、やるしかないだろうし…。

意外に決断は早いビビリ。
まだ死ぬわけにはいかないので、腹をくくれば答えは早い。手術日まで決めました。

「手術で不安なことはありますか?」
それ、おいくらですか?
と聞きたかったが「いえ、ありません」と大人対応しておきながら手術まで、また、オタオタします(笑)

「手術前にMRI受けて下さい」
先生が口開いたら諭吉去りますがな(T_T)

この日はそのまま手術できるか検査を受けて帰りました。
血液・肺活量・心電図・肺のレントゲンでまた諭吉去りました。
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-01-13 20:42 | 入院編

ゆうゆう。鼻に腫瘍ができる①

昨年、人生初の手術を経験しました。
鼻にできた腫瘍を内視鏡で摘出する手術で、ビビリ大騒ぎをした記録です。

もし同じような手術に悩み、ビビッている人が読んで、不安が少しでも取り除けたらいいな…ぐらいで書いていますので、温かい目で読んで下さい。

★10月
テレビを見ていたら、突然鼻血がタラ~ッ。しかも、なかなか止まらない。
翌日、同じようにタラ~ッと流れる鼻血が出ました。
なに?なに?なんなん?(*_*)
と鏡を覗いたら、丸い大豆みたいなんがありますけど!
なんかありますけど!
なんかありますけど!
なんかありますけど!

恐る恐る触ると、ぷにぷにしてるしー!
ゆうゆう。の場合、腫瘍を目で見つけたわけです。
いや落ち着け!腫れてるだけかもしれんし!(あくまで悪く考えられないビビリ)

とにかく、病院に行かなくては!
行ったのは個人の耳鼻科。
鼻詰まりもひどかったので、蓄膿を疑われ人生初の鼻のレントゲン撮られました。自分の頭蓋骨の写真をプレゼントされても微妙(;´ρ`)
a0020601_1918557.jpg

蓄膿だと、目のあたりまで膿が白く写るそうです。ちょうど、風邪の症状もあったのですが、先生の歯切れはすごく悪い。薬をもらい一週間後に再診。
「大きな病院で検査した方がいいです」
なに?ものすごく不安なんですけど(T_T)

★11月
紹介状を持ち、検査や手術ができる大きな病院に診察に行くことになりました。
大きな病院なので、一時間待って、やっと診察室に入ったのに、あっという間にCTに回されました。

これまた人生初CT。
小心者ゆうゆう。CTにもビビる。
レントゲンとほぼ同じで、トンネルの内側の黒い部分が回転しながら撮影するだけなのに、トンネルに入るだけでドキドキ。
a0020601_19323995.jpg

※画像はお借りしました。
レントゲンぐらい、すぐに終わり、すんでみれば、なんてことなかったです(笑)

やっと耳鼻科に戻って、椅子の診察台に押さえつけられ、検査に出す為に腫瘍の一部を取られました。
※この時点では腫瘍という単語は使われていません。
「これがなにか調べますね~」

診察で三時間。
CT撮影で、諭吉様去って行きました。
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-01-10 18:55 | 入院編

まんのう公園

まんのう公園のイルミネーション。
http://www.mannoukouen.go.jp/
10年ぶりかな?
兄ちゃんが2歳ぐらいの時に一度行って以来。
子供も大きくなって家族も増えて、妹と姪っ子も一緒に行ったので、いっつも兄弟喧嘩する二人が必死で暴走する一歳児を追いかけてお世話している姿を見ると、ほんま成長したなぁ…と思います。
a0020601_8163732.jpg

小高い丘に登って見る富士山はキレイ。
光るアメ、☆と♡も、もち買う。
a0020601_8211818.jpg

そして寒い、寒い、寒いと駆けこんだのは焼肉店。兄ちゃんにガッツガツに食べられ食べた気がしない…。
a0020601_8235317.jpg

恐るべし男子の食欲。この先、不安です。

1月4日の今日。イルミネーション最終日ですよ。
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-01-04 08:04 | 遊び場編

バリィさん はがきシール

明けましておめでとうございます。
寒すぎる元旦ですね。

新年一発目にやってきたバリィさんグッズは、はがきシールです。
a0020601_15543396.jpg

私もネットでしか見てなかったのですが、ポケットティッシュに入っていて、意外に小さくて、びっくり。
a0020601_155454100.jpg

でも、かわいいからいいです。
小学生のように大事に使わずに持ちます。

こんな私ですが、本年もよろしくお願いします(*゚▽゚)ノ
[PR]
# by yuyu3711 | 2015-01-01 15:52 | やさぐれ日記編

ふなっしー梨汁ブシャーケーキ

何気で退院してきた、ゆうゆう。です。
詳細はまた書いていきます。

というわけで、一日早くクリスマスケーキを買ってきました。
ふなっしー梨汁ブシャーケーキです。
a0020601_19564970.jpg

黄色い半球に目を付けたら、ふなっしーの出来上がりです。
a0020601_2064841.jpg

かわいい。
a0020601_19573943.jpg

ふなっしーのケーキサーバー付きです。
a0020601_19592051.jpg

ふなっしーいた♡
a0020601_19594883.jpg

いただきまぁ~す。
a0020601_2001972.jpg

生クリームに梨入り。
その周りには贅沢な量のカスタードクリームです。
a0020601_2022573.jpg

疲れも吹っ飛ぶ甘さの中にさっぱりした梨がよく合います。

まあ、甘い物が苦手な息子は半分でギブでしたが、私は元気をもらった気がします(o゚▽゚)
a0020601_2072979.jpg

よいクリスマスを。
[PR]
# by yuyu3711 | 2014-12-23 19:52 | やさぐれ日記編